メリット

低価格

格安SIMというだけあって、低価格です。ドコモやau、ソフトバンクよりも安くスマホを使うことができます。

デメリット

キャリアサービスが受けれない

ドコモやau、ソフトバンクはキャリアショップがターミナル駅付近には必ずあり、プランの変更や機種変更をショップで行うことができます。
格安SIMはその出店費や人件費を削ることによって格安を実現しているので、ショップがない、または非常に少ないです。

キャリアメールがない

キャリアメールとは、以下のようなメールです。

  • ~@docomo.ne.jp
  • ~@au.com
  • ~@ezweb.ne.jp
  • ~@softbank.ne.jp
  • ~@i.softbank.jp
  • ~@~.vodafone.ne.jp
  • ~@ymobile.ne.jp
  • ~@uqmobile.jp

最近ではなくなったと思いますが、小学校によっては未だにキャリアメールじゃないとダメという学校もあるんでしょうかね?

LINEの年齢確認ができない

LINEモバイルはできますが、基本的にはLINEの年齢確認ができません。それに伴ってID検索もできません。

通信速度が遅い

使えない程ではありませんが、大手キャリアに比べると遅いです。なぜかというと、格安SIMは大手キャリアの回線を間借りして回線を提供しているためです。
また、通勤・通学、昼食、退社・下校など、多くの人が一斉に通信する時間帯は通信速度が遅くなる傾向にあります。
一番顕著なのは昼食時です。
全く使えなくなるわけではないので安心していただきたいのですが、昼にYoutubeを見るのが辛い場合があります。
低価格の代償ですね。

価格にメリットを見いだせるのであれば格安SIM

月々1,000円仮に安くなると、年間で12,000円、家族4人だと48,000円もの節約になります。
すでに周りに格安SIMに変更した人は必ずいますので、一度聞いてみて実際の使い心地を聞いてみてはいかがでしょうか。